スピリチュアルカウンセラー・アイリーン美月のお話ブログ

スピリチュアルカウンセラー・ムーンエナジーヒーリング創始者のアイリーン美月です(*^^*) 食や健康、またお伝えしたい事を綴っていくブログです♪

アイリーン美月のオフィシャルサイトはこちらから

【癌の真の原因と抗がん剤曝露の危険性】癌は自然治癒で簡単に治せる病

f:id:roseriche:20220212191251j:plain

【癌の真の原因と抗がん剤曝露の危険性】癌は自然治癒で簡単に治せる病

 

わたし達は長年、癌はとても怖い病氣だと思い込まされてきました。

 

本來、癌とは怖い病氣ではありませんし、放っておけば治る病氣ですし、食事により血液を綺麗に保っていれば癌になる事はほぼありません。

 

癌の真の原因

●化学物質が 癌の「最大の根本原因」である。
 化学物質は体内でイオン化され、体外への排出を逃れて体内に蓄積し、「イオン化された化学物質」が半永久的に「活性酸素」を生み出し続けるため、こうして体内に大量に発生し続ける「活性酸素」によって DNA が損傷し、癌が生み出される。

 

● 食事から体内に取り込んだ「化学物質」が一気に酸化し、体内で酸化した「化学物質」が体中の至る場所で「ヒドロキシルラジカル」を大量に発生させ、 病気を生み出している!

 

◆ 化学物質が 癌の「根本原因」である
まず、「化学物質」とは人間が人工的につくった物質であり、自然界には存在していない「新しい物質」です。「化学物質」は近代に入ってから人間に人工的につくられてこの地球上に誕生した物質ですから、過去の地球にはまったく存在していなかった「新しい物質」です。

 

◆「化学物質」が体内に取り込まれると、体内で「化学物質」がイオン化され、この「イオン化された化学物質」がタンパク質と複合的に絡まり、体内の至る場所に沈着したり癒着し、体外へ排出させようとする「免疫の働き」から隠れ、体内にどんどん蓄積していきます。
この「イオン化された化学物質」が半永久的に「活性酸素」の中でも強い毒性を持つ「ヒドロキシルラジカル」を生み出し続けるため、「化学物質」が蓄積している体内では「ヒドロキシルラジカル」が大量に発生し続け、身体の「酸化ストレス」をいや増し高め、身体のありとあらゆる細胞や組織を「酸化」して破壊・損傷し続けます。こうして「化学物質」により体内で大量に発生した「ヒドロキシルラジカル」によって細胞核内の DNA が傷付けられて、癌が生み出されるのです。

引用元 癌の「真の原因」とは、体内でイオン化された「化学物質」である! 【 イオン化された「化学物質」が半永久的に「活性酸素」を生み、DNA を損傷して癌を発生させる!】

 

このように、添加物やシャンプーや洗剤、除菌剤などの化学物質を、食事や経皮吸収する事により、體が酸化しDNAが傷つけられたものや、それらが排出されずに塵のように固まって出來たのが腫瘍です。

もちろん化学物質には、藥やワクチンも含まれます。

 

だからこそ食べ物で防げますし、食べ物を変えていく事で細胞を生まれ変わらせ癌をなくす事が出來ます☺

 

抗がん薬曝露の危険性

癌と診断されると勧められるままに抗がん剤放射線治療をしている方がほとんどだと思います。

 

抗がん剤は、注射藥または内服藥で體(からだ)の中の惡性の細胞(癌細胞)の増殖・癌の進行をおさえるものとされています。

しかし、正常な細胞にも作用してしまうので、それが副作用と言われる症状です。

 

放射線は一般的にあまり良くないものという理解があると思いますが、抗がん剤に関しては副作用があるものの癌が治る藥という理解がまだまだ多いのではないでしょうか⁈

 

WHOの外部組織である国際がん研究機構(International Agency for Research on Cancer:IARC)では、医薬品を含む化学物質などの人体への曝露、発がん性に関するデータを収集し、ヒトに対する発がん性を評価し、分類して定期的に公表しています。

 

 曝露の発生は、薬剤の調製、薬剤の搬送や保管、患者の排泄物や汚染リネンの取扱い、こぼれた薬剤の処理などの場面で起こりやすいと言われています。

看護師はいずれの場面にも遭遇する職種ですから、防護策を講じて看護業務につく必要性があります。 曝露による健康影響は、抗がん薬の皮膚への付着やエアロゾルの吸入、経口的に体内に侵入することによって発生すると考えられています。

急性中毒症状としては、皮膚に付着した場合の神経症状や、眼への飛びちりによる角膜炎、抗がん薬を取り扱った手で喫煙や食事した場合の消化器症状などが挙げられます。そのほか、次世代の子孫に影響をお及ぼしかねない問題が潜んでいます。

f:id:roseriche:20220212180827j:plain

引用元 抗がん薬曝露の危険性と日本の現状

 

抗がん剤曝露の影響と抗がん剤の職業性曝露の機会

職業性ばく露は、急性・短期間の反応だけでなく、長期的な影響とも関連しており、催奇形性、発がん性が証明されている抗がん剤も多くあります。

 

また、抗がん剤を取り扱う医療従事者の染色体異常や流産発生率の増加なども報告されています。

日頃、抗がん剤を取り扱う看護師がその危険性を認識し、安全な取り扱いができるよう組織的な安全対策を整備することが急務となっています。

 

最近は、抗がん剤の調剤は、薬剤師や医師が安全キャビネット内で行うことが多くなっていますが、依然として看護師が、十分な安全対策なく病棟内で実施している例もあります。

抗がん剤を運搬・与薬、また抗がん剤を投与した患者さんのケアを行う看護師も、吸入や接触、針刺しなどによりばく露する危険性が高まります。

引用元 抗がん剤に対するばく露防止対策 | 日本看護協会

 

このように抗がん剤の曝露による危険性に警鐘を鳴らしているのですから、抗がん剤治療を受けている患者が曝露せずに癌治療が出來るわけがありませんよね💦

 

だから、急激に弱って早死してしまうんです。

 

癌を防ぐ・癌を治す為に

癌を防ぐのも治すのも、根本的に體を変える必要があります。

 

一番は、體を温める事・体温を上げる事です。

朝1に測って、36.5度あるのが健康体です。

36.5度代になると、免疫力が向上し様々なウイルスなどを死滅させてくれます👍

 

34度で生命の危険が及びます。

誰もが癌細胞を持っていると言われますが、35度は癌細胞が活性化します。

36.5度が健康体で免疫力がアップします。

38度や39度と熱が出るのは、体内に入ったウイルスや風邪菌などを死滅させる為に発生します。

【ウイルスや病気から身を守る】体温を上げ免疫力をアップさせる方法

 

そして、添加物や化学物質を極力取らず、出來る限り無農薬の野菜や綺麗な水を摂取する事です☺

 

また、クエン酸重曹を混ぜた炭酸水は、デトックス放射線さえも体外に排出してくれます。

 

重曹と蜂蜜を混ぜた飲料水は、癌が大好きな糖に癌細胞がくっついて、更に重曹が癌細胞を包み込み輩出してくれるというわけです。

 

重曹クエン酸水に蜂蜜やメープルシロップを入れても同じ効果ですので、お好みの味の方でやると長く続けられますね☺

 

どちらも體をアルカリ性にしてくれるだけでなくデトックスをしてくれるので、病氣でない方も怠さはなくなりますし便秘だった方も便秘が治っています👍

 

癌だけでなく、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、腎臓病、胃潰瘍痛風、虫歯、被曝、放射線障害防止、電磁波などに効果があり、科学的に立証されていますよ♪

 

roseriche.hatenadiary.jp

 

癌は怖くない!

癌が怖い病氣と思い込まされてきたのですから、まずはこの思考を変える必要があります。

 

癌患者が治療を断って何もせずにいたら癌が消えていた!

なんて話よく聞きますよね。

これは、體に毒な藥を入れずにいた事と、癌になった事で食事や生き方を変えた事から癌が無くなっただけの事で不思議な事でも神秘的な事でもありません。

 

本來、何もしないで食事などに氣をつけ放っておけば治る病氣だからです!

 

癌だけではありませんが、ほとんどの病氣は健康的な生活をしていればなりませんし、簡単に治す事が出來ます。

 

高血圧やコレステロールが惡いというのも、医療利権の為の洗脳です!

 

「何かあると病院へ」という思考も変える必要があります。

これこそ洗脳で、西洋医学の藥で完治する事はありません。

 

このように、今までの刷り込みから真実を知り洗脳を解いていく事で、正しい知識から自然治癒や健康体を取り戻す事が出來るんです☺

 

 

こちらもご参考にされて下さいね♪

roseriche.hatenadiary.jp

roseriche.hatenadiary.jp

roseriche.hatenadiary.jp

roseriche.hatenadiary.jp

roseriche.hatenadiary.jp

roseriche.hatenadiary.jp

 

 

 

roseriche.hatenadiary.jp